なぜ保護者と指導者に行き違いが起こるのか?

目次

子どもの心の成長を忘れている誤算

ピアノのレッスンがつまらなくなる理由とは

いろいろなお子さんがいます。親御さんがいます。

だからこそ、ピアノのレッスンをはじめる時に、ぜったいに避けては通れないもの。

それは心の成長です。

ほとんどのお子さんは、遅かれ早かれ、

  • 練習ができなくなる時期
  • 苦手なこと
  • 思春期

が訪れます。

  • 練習ができなくなったから
  • 難しくなったから
  • 先生の言うことがむかつくから

ほとんどのお子さんが通る道です。

でもそのたびにやめていたら、ピアノに限らず、身に着きませんよね。

その時々に、保護者とコミュニケーションをとってお話しをしていくことも、アリだとは思います。

でも、ピアノレッスンでその兆候が見られるより先に、すでに家庭では起こっている可能性があります。

気づいてから個別に対応しても、後手後手で遅いことがあるんだ。と。

これからは先手先手で行こう!と決意しました。

指導者は楽しさだけしか伝えていない?

楽しいだけがピアノじゃない

保護者との行き違いが起こるのは、

◆ピアノレッスンは楽しいもの・・・

だから子どもが嫌がるはずがないという保護者の大きな誤解があると思います。

だって、ピアノ指導者のホームページには、ピアノが楽しいことしか書いていない場合が多いから。

でもお子さんは日々成長しているんです。

  • 練習をしなくなるのも
  • 機嫌がわるくなるのも

心が成長している段階だから。

そこを、指導者や保護者が忘れてしまうのが問題です。

生徒さんが

  • うそをついたり
  • しゃべらなくなったり
  • 練習をしなくなったり
  • 機嫌が悪くなるのは

生徒さんの心と体が成長しているからなんです。

保護者がお子さんのピアノをやめさせるのは

子どもとの衝突を望まない保護者

保護者がピアノをやめる理由に、子どもと言い争いをしたくない、というのがあります。

それが子どもの成長であっても、多くの人は気づきません。

それに、わざわざストレスのかかることをわざわざ取り組みたいとは思いません。

なぜかというと今よりもっといやなことに向き合わなければいけなくなるからです。

お子さんの葛藤と向き合うことが、保護者にとって苦しいことである場合、そうなります。

ピアノ指導者は、自分が出来てきたので、正しいやり方に取り組みたがる傾向にあると思います。

それは、親子にとっては、しんどいことなので、回避する。

つまり、やめる。

ピアノをやめることで解決してしまいます。

しかし、やめても、根本的に解決するわけではないので、同じような状況になると、同じようなパターンが起こる可能性があります。

回避してしまうと、大きなストレスがなくなり安心安全に向かうので、そのパターンを強化してしまいます。

安心安全に向かうことを覚えてしまうと、その方法が簡単なので、その方法を取りたがるようになっていきます。しかしその方法は万能ではないので、いずれ、不都合が出てきます。

すると、のちに、頭ではわかっていても、直せない、やっかいな状態が生じてきます。

これは保護者であっても指導者であっても同じことです。自分を守る行動から抜け出せないと、不都合なことはどんどん大きくなります。

指導者としてできることは

嫌な話ほど「ラポール形成」が効果的

保護者の話しを聴くことです。指導者としての常識で聴くのではなく、きちんとラポールを形成していく。

ラポールとは、「信頼関係をつくる聴き方」です。

指導者自身も、苦手なことがあります。それを考えて、保護者が苦手なことを強要せず、まず聴くことから始める。

そして、ピアノ指導者は、ピアノの良さばかりではなく、ピアノをやっているうちに、生徒さんの成長により起こりうることを、もっと、保護者に伝えていく必要があるのでは?と思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる