子どもの時に身に着けたパターン

2022年3月17日更新

目次

自分は母からよく放っておかれた

積極的に子どもに関わろうとしなかったわたし

自分自身も仲間や先輩コーチのセッションを受けて、子どもとのイライラが減りました。

私は53歳ですが、6歳の双子がいるんです。

それも、男女の双子で、性格もかなり違います。

子どもが歩き出した頃から、2歳のイヤイヤまで体力的に厳しかったです。

産休は、出産後初めてとった4ヶ月だけで、その後は、ベビーシッターの会社と契約をして、ピアノの仕事をしていました。

夜しか自由な時間がないので、夜遅くまで起きていました。そのせいで疲れが出て、熱が出たり、呼吸器の病気になったり、幾つか病気を発症しましたが、なんとかやっていました。

少し前は、放っておいたことが多かったですね。

わたしが小学生の時、わたしは昼寝をよくする子でした。昼寝をしていたら母はそのまま夕食にも起こされず、夜まで放置されていました。

わたしの育ってきた環境で、寝ているとそのまま放っておかれる、というのがけっこうな回数であったのです。

だから、夫が、子どもたちに昼寝をあまりさせないようにするとか、子どもをお昼寝から起こす時、子ども達は眠くて泣きます。それがわたしには、すごく違和感がありました。

泣かすぐらいなら、寝かしとけばいいじゃない?

と、思っていました。

泣かせるぐらいなら、放っておく。

というのは、後に、子どもを通してわたしが母を見ていたからだとわかります。

今、思い出したのですが

私の父は、私が幼い頃、病気をして寝ていた時、夜、トイレに起こしてくれましたね。私が病気になるといいことがあったのだな~と思います。

子どもの頃に当たり前だったことは大人になっても当たり前

夫婦の違和感は、育ってきた環境の違い・考え方の違いから

子どもの時に身に着けたパターンはあまりにも自然で当たり前すぎるので、気が付かない人がほとんどです。

自分はそれが当たり前だった。でも夫とは違う。

そう思った時には、相手と合わないのではなく「何を大事にしているか」であったり、「何に怖れているか」だったりします。

価値観は、自分が幸せに思うことや肯定するもの

怖れは、自分を守るもの

人の価値観といえるものは、自分を肯定的に見られるものです。

たとえば、わたしなら「ピアノ演奏」ですね。

わたしの母は過干渉ですが、わたしが「ピアノに向かっている時」は、文句を全く言いませんでした。

わたしの中で「ピアノはわたしにとって安全」だととらえていたと思います。

そして、わたしの「怖れ」は、母に立ち向かうこと。

母とケンカをすると、きりがないし、不毛なので、できるだけ離れていよう、と思っていました。

それが、わたしが子どもと距離をとる理由だったのです。

子どものような母ですから、泣いてさわぐ子どもたちを見ると、母を思い出してしまっていました。

子どもを見ているつもりで、わたしの感情は、母を見ていたのです。

わたしがNLPをやっていて、大きな気づきの一つは、わたしの苦しくてつらいことのほとんどは、母への投影からきていると知ったことです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる